3.「発症まで」

猟虎塔~LACCO TOWERオフィシャルファンクラブ~

Follow

きっかけは今でも昨日のことのように覚えてる。


「大介、そんな弾き方だったっけ?」



2018年6月23日、LACCO TOWER、メジャー4枚目のフルアルバム「若葉ノ頃」を出してからの2マンツアー「五人囃子の駆け落ち騒ぎ」、福岡BEAT STATIONでの出来事だった。


その日の対バンはTHE BACK HORN。

ギターの栄純さんは良くしてくれている先輩の一人で、僕によく「大介は絶対に現代のギターヒーローになれる」と激励の言葉をくれていた。


その一言は二人でギター談義をしながら、リハーサルでお互いのプレイについて語っていた時だった。



確かに2017年に「遥」というアルバムを作って以降、ギターが何か弾きづらいなと感じていた。

ギターの高さがしっくりきていないのかと思い、かなりの頻度で、ギターの高さ(ストラップの位置)を変えていた。


だから栄純さんはギターの位置のことを言っているのかなと、そのときは僕も深くその言葉を受け取らず、ライブを終えた。





自分でいうのもなんなのだが、2013年に自分たちの会社アイロックスを設立し、2015年に日本コロムビアでメジャーデビューして、僕の生活はとにかく忙しかった。



メジャーアーティストしても、会社員としても新人。

ガムシャラに働くことが正義だと思っていた。

2015年から2020年まで、ほとんど休んだ記憶がない。

平均睡眠時間は3〜4時間。



会社を作った時、デビューした特、僕はすでに30歳を超えていた。

だからとにかく早く売れたかった。

賞味期限がなくなる前(今思えばこれは思い込み)に、形にしたかった。


ゆっくりと自分のギタープレイを見直すこともなかったし、練習のペースもめちゃくちゃだった。



そして、

2018年7月6日、名古屋CLUB QUATTRO公演でのSUPER BEAVERとの2マンライブの日、栄純さんの言葉を思い出して、リハーサルが終わった後、久しぶりに基礎練習をしてみた。


ギターを始めたばっかりの時からデビューするまで続けていた、簡単なやつだ。

基本速度はBPM120くらいから、ギターの指板を1234って16分音符で指を動かしていくシンプルなやつ。



結果、


やっぱり久しぶりの基礎練習、BPM120では全然弾けない。

参ったな、速度を5落としてBPM115でやってみる。

、、、弾けない。


おかしいなと思い、5ずつ下げるを繰り返す。


、、、おいおいおい、まじか、


全然弾けない。


BPM80にしても弾けない。



結果、


BPM60でギリギリ弾けるという状態になっていた。


やっぱり基礎練種を怠るのはダメだなと落ち込みはしたが、これから基礎練習をすれば大丈夫と楽観的な気持ちで、その日もライブを終えた。




しかしこの後、僕の身体にとんでもない異変があることに気づくだなんて、その時は微塵も思ってもいなかった。

ページを報告する

コピーしました

You can check the contects only for VIP member which are posted by owner after becoming a VIP member

猟虎塔~LACCO TOWERオフィシャルファンクラブ~ $4.8 / month

Join VIP

コピーしました