7.「続・LACCO TOWER」

猟虎塔~LACCO TOWERオフィシャルファンクラブ~

Follow

まだバイトもしてた僕の生活は、いわゆる一般的な生活とは大分違う、ハードなものだった。




バンド活動、会社運営、生活のためのバイト、3つを生活に落とし込まないといけなかったからだ。

1日は等しく24時間しかなかったので、必然的に無理をする生活スタイルになっていく。



過労でぶっ倒れて救急車で運ばれたこともあった。

ツアー途中のサービスエリアで、泣きながら逃げ出したこともある。



メンバー間もだんだん会社のことしか話さなくなっていった。

弱いところをメンバーに見せられなくなっていったんだ。



正直な話、この時のマネージャー&スタッフさんたちはキツかったと思う。

メンバーには言えない不安や不満を、彼、彼女らに話を聞いてもらうこともあった。

時には八つ当たりに近い感じで罵声を浴びせたこともある。

本当に申し訳ない。



今までギタリストとしてしか生きてきたことがなく、会社員になってまだ数年。

全然成熟できてなかった。



ストレスを発散する術も知らなかったし、良い意味での諦め方っていうものも知らなかった。



「なんでおれは寝ないで仕事してるのに、寝てるやつ、飲みいってるやつがいるんだ」

って勝手にイライラしてた。

しかもそれを誰にも言えない(笑)


勝手に一人で抱え込んで、勝手に一人で塞ぎ込んでた。



今ならこの考え方、働き方は完全に間違ってるって理解できるんだけど、あの当時の僕は本当に世間知らずの子供だったんだ。

そんなこともあって、メンバーとの溝は少しづつ広がっていった。




それでも辞めずに一緒にいたのは、根本の部分で、メンバーのことを好きだったからなんだけど。

ページを報告する

コピーしました

You can check the contects only for VIP member which are posted by owner after becoming a VIP member

猟虎塔~LACCO TOWERオフィシャルファンクラブ~ $4.8 / month

Join VIP

コピーしました